ドイツの誇る自然系塗料オスモカラーについて



塗ってナガモチだいもん君.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
オスモカラーについて。

今回はオスモカラーという塗料を紹介します。

osumo000000.JPG

オスモカラーはドイツのオスモ社様からだされている木部用塗料です。

実はこの塗料、植物油と植物ワックスからできた自然塗料なので、

人体、動植物に安全な塗料なんです。

このオスモ社は1878年に創業された木製品メーカーで、

木材、木工の専門家の立場で1955年に木を活かす自然塗料として開発されました。

創業から約140年、オスモカラーが開発されてからでもちょうど60年。

長い歴史を持っています。


「木は生き物です」
こういったフレーズをよく見かけますよね?

これはどういうことなのかというと、木も呼吸するといったことです。

湿気をすったり、また吐き出したりといったことをするのです。

そのため梅雨時期といった湿気の多い時期に吸い、

湿気の少ない冬に吐き出すことによって湿気を調整しているのです。

このオスモカラーは浸透性塗料、つまり浸み込ませることで木の呼吸を妨げないのです。


いろいろ書きましたが、実際に使ってみましょう!
osumoa000002.JPG osumoa000000.JPG osumoa000001.JPG
まずは何も塗っていない木です。当然ですが木目はしっかり見えますね。 今回はチークという色を採用し、塗装しました。
塗装後は木目がほとんど見えていません。
先ほど塗装したものを布で拭き取ると、木目も出て自然な仕上がりになります。
色も多くあるので、それだけ選択肢も広がります。

「これが良い、あっちのほうが良いかも」といろいろ考えるのは楽しいかもしれません。

多すぎて迷うかもしれませんが、、、

私が好きなのはハニーという色です。

使ったことはありません!

ただ名前が甘そうでカワイイというだけなんですが。

夢の国の黄色いクマさんにぴったりですね(笑)

はい。


夢の国と社長に怒られる前に話を戻しましょう。

ただ、このオスモカラーを使う際には注意が必要なんですね。

拭き取りに使用した布などを放置すると、燃えます。

缶にも書いてありますが、本当に燃えるんです。

何度も言いますよ、マジで燃えます!

必ず拭き取りに使用した布は十分に水に浸けてから捨てましょう!


説明させていただいたり、使用させていただいたりといろいろやりましたが、

何を伝えたかったのかというと

布は必ず水に浸けてください!

もうこれに限ります。

はい。


今回はこのへんで終わりにしたいと思います。
ご覧になっていただいき、ありがとうございます。



屋根・外壁塗装工事、防水工事、その他 外装リフォームのことついて質問等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
全力でサポートします!

塗ってナガモチだいもん君.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
N&N の official HP はコチラ
フリーコール ☎ 0120-993-006
メールでの問い合わせはコチラ

===================  
  
外装リフォーム専門店
株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================

N&N さいたま市 緑区 外壁塗装