FRP防水の亀裂から雨水が侵入し下地を弱らせる?


FRP防水及び防水各種の事ならN&Nにお問い合わせください。
今回は川口市にて防水工事を施工させて頂きました。

タイトルの「FRP防水の亀裂から雨水が侵入し下地を弱らせる?」
ですが、答えはYES!
防水のひび割れや切れ目から雨水が浸入し、下地を弱らせていくのです、、、、、
それでは実際の施工例を見てみましょう~
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

現状
1部ですが、FRP防水がひび割れ、下地がフカフカしております。
恐らく下地に雨水が浸入し、下地を腐食させている事が想定できます。
RIMG9487.JPG

その他の場所はしっかりしていていますが、所々ひび割れが確認できました。
RIMG9490.JPG


マルノコで開けてみると案の定下地が大分腐食されていました。
ひび割れの原因は下地の合板が単層張りだった為でした。
通常防水下地合板は二重張りで継手をずらすのが基本です。
しかし、単層張りで大きなベランダだったため、合板が大きく動きやすくその動きについていけず
表面のFRPにひび割れが生じたと想定されます。
RIMG0119.JPG

RIMG0120.JPG

釘をぬきキレイに掃除します。
RIMG0127.JPG

続いて下地の補強です。
RIMG0129.JPG

蓋をします。
RIMG0131.JPG


続いて既存下地の継ぎ目とずらして奥から合板を張っていきます。
RIMG0136.JPG

これで本来の形、合板二重張りの状態となりました。
RIMG0138.JPG

翌日のFRP防水施工に備え、急な雨天により合板が濡れてしまわないように養生を行います。
RIMG0140.JPG

翌日。
プライマー、下地調整を行った後、FRP防水施工に先立ち
ガラスマットを寸法に合わせて裁断します。
RIMG0143.JPG

FRP2PLY施工(二層) ガラスマットの継ぎ目をずらし二層に敷き、樹脂で固めていきます。
RIMG0150.JPG


翌日
まず、FRP中塗りを行いました。
これはガラスマットの表面を肉厚塗料で平滑にし、かつ表面の耐久性を高める効果があります。
RIMG0150101.JPG

最後にトップコートを塗布して完了です。よくみるグレーの塗料です。
RIMG0154.JPG


完成~♪
施工後の夜中に雷雨がありました(汗
それまでに完工できてよかったです。
RIMG0156.JPG

下地のフカフカも直り、合板も二重構造となりバッチリ!!
これで先々安心ですね!♪

FRP防水、ウレタン防水、シート防水などなど

防水の事ならさいたま市緑区のN&Nへお問い合わせください。




外装リフォーム専門店 株式会社N&N
www.paint-nn.jp
フリーコール 0120-993-006

===================  
  
     外装リフォーム専門店
株式会社 N&N
   

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================