長尺シートでずっとナガモチ('ω')ノ


塗ってナガモチだいもん君.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
ベランダ床の改修について

みなさんは、雨漏りの原因について考えたことありますか?
例えばリビングや居間の天井から、もしくはサッシの上の方から、、、ポタポタと漏れてくるその原因は何だと思いますか?

以外に知られていないのですが、雨漏りの原因で一番多いのは屋根!次はなんとベランダ床なんですよ~
水平面にちかく、水はけが悪く、かつ掃き出しサッシや排水ドレンがあり、、、
実はベランダの床はとっても雨仕舞が悪いのです( ゚Д゚)

ベランダの下が部屋になっている場合はとくに要注意!

▼ベランダの下→部屋
深沢邸完了_201012_10.jpg
さて、今回はその様なケースの防水工事例をご紹介したいと思います。

まずはビフォーアフター
▼ビフォー
RIMG6737.JPG

RIMG6735.JPG

▼アフター
深沢邸完了_201012_6.jpg

深沢邸完了_201012_5.jpg

前回の塗替えのタイミングにウレタン防水で改修されており、今の所雨漏りは発生していないようです。
同じようにウレタン防水+トップコートの一般的な提案に加え少し予算を掛け、平場に長尺シートを張る提案もさせて頂き、
お客様にご検討頂いた結果、長尺シートのプランに決定しました。

長尺シート・・・防水・防滑にすぐれ、紫外線や摩耗にもとても強いのが特徴。マンションのバルコニーや共用廊下に
よく使われているあの防滑シートですね('ω')ノ

それでは施工手順をご紹介いたします!
▼切り付け(入隅)部のシールを撤去したら、全体的にウレタンプライマーを塗布し隙間をウレタンシールにて充填します。
10107.jpg

▼プライマー塗布
10108.jpg

▼ウレタンシール充填
10109.jpg

▼立ち上がりに補強クロスを貼り、立ち上がり用の硬めのウレタン防水を塗布します。
10110.jpg

▼立ち上がり用ウレタン一層
10111.jpg

▼立ち上がり用ウレタン2層
10113.jpg

▼ウレタントップコート塗布
10114.jpg

▼ウレタン防水が乾燥したら、平場に長尺シートを貼ります。
専用ボンドを櫛目をつけて塗りつけて、張り込み、転圧ローラで密着させます。
10116.jpg

10117.jpg

▼シートのつなぎ目を溶着させて、端末をシール処理します。
10119.jpg

10121.jpg

▼完成!!( `ー´)ノ
10123.jpg

どうです??なかなか高級感があっていい感じですよね~OK!

従来のウレタン防水とは違い、切れづらく摩耗性にも優れている為、歩行はもちろん、物置を置いたり
テーブル&椅子を置き外でご飯食べたりと使い方は様々♪
ずーっとナガモチ!お客様にも大変ご満足いただけましたよ~

お客様には工程写真と共にしっかりと説明致しました。('◇')ゞ
ベランダの防水といっても、ウレタン、FRP、塩ビシート、ゴムシートと種類は色々!!
FRP防水の上に長尺シートもありですよ!

以外にも雨漏りが多く、とても大事な「ベランダ!」
台風やゲリラ雷雨に備え、万全の対策をお勧め致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。('ω')ノ

塗ってナガモチだいもん君.JPG
N&N official HP
www.paint-nn.jp


フリーコール 0120-993-006

===================  
  
「塗ってナガモチ」
 株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================




FRP防水の亀裂から雨水が侵入し下地を弱らせる?


FRP防水及び防水各種の事ならN&Nにお問い合わせください。
今回は川口市にて防水工事を施工させて頂きました。

タイトルの「FRP防水の亀裂から雨水が侵入し下地を弱らせる?」
ですが、答えはYES!
防水のひび割れや切れ目から雨水が浸入し、下地を弱らせていくのです、、、、、
それでは実際の施工例を見てみましょう~
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

現状
1部ですが、FRP防水がひび割れ、下地がフカフカしております。
恐らく下地に雨水が浸入し、下地を腐食させている事が想定できます。
RIMG9487.JPG

その他の場所はしっかりしていていますが、所々ひび割れが確認できました。
RIMG9490.JPG


マルノコで開けてみると案の定下地が大分腐食されていました。
ひび割れの原因は下地の合板が単層張りだった為でした。
通常防水下地合板は二重張りで継手をずらすのが基本です。
しかし、単層張りで大きなベランダだったため、合板が大きく動きやすくその動きについていけず
表面のFRPにひび割れが生じたと想定されます。
RIMG0119.JPG

RIMG0120.JPG

釘をぬきキレイに掃除します。
RIMG0127.JPG

続いて下地の補強です。
RIMG0129.JPG

蓋をします。
RIMG0131.JPG


続いて既存下地の継ぎ目とずらして奥から合板を張っていきます。
RIMG0136.JPG

これで本来の形、合板二重張りの状態となりました。
RIMG0138.JPG

翌日のFRP防水施工に備え、急な雨天により合板が濡れてしまわないように養生を行います。
RIMG0140.JPG

翌日。
プライマー、下地調整を行った後、FRP防水施工に先立ち
ガラスマットを寸法に合わせて裁断します。
RIMG0143.JPG

FRP2PLY施工(二層) ガラスマットの継ぎ目をずらし二層に敷き、樹脂で固めていきます。
RIMG0150.JPG


翌日
まず、FRP中塗りを行いました。
これはガラスマットの表面を肉厚塗料で平滑にし、かつ表面の耐久性を高める効果があります。
RIMG0150101.JPG

最後にトップコートを塗布して完了です。よくみるグレーの塗料です。
RIMG0154.JPG


完成~♪
施工後の夜中に雷雨がありました(汗
それまでに完工できてよかったです。
RIMG0156.JPG

下地のフカフカも直り、合板も二重構造となりバッチリ!!
これで先々安心ですね!♪

FRP防水、ウレタン防水、シート防水などなど

防水の事ならさいたま市緑区のN&Nへお問い合わせください。




外装リフォーム専門店 株式会社N&N
www.paint-nn.jp
フリーコール 0120-993-006

===================  
  
     外装リフォーム専門店
株式会社 N&N
   

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================


FRP防水がフカフカしていたら合板からやりかえなければいけないですよ!


防水工事の施工はN&Nにお問い合わせください。

越谷市のお客様宅のベランダ防水工事です。
側溝(ドブ)の部分がフカフカしていて室内に漏水しているもようです。

施工前
RIMG7528.JPG

本来、側溝部分の幅は100~150mm欲しいところですが、現況は40mmくらいしかありませんでした。
これではゴミが溜まり、流れが悪くなり、常に水が溜まっている状態に、、、、新築当初の施工不良ともいえますね。

まずは脆弱部分を下地から撤去
RIMG2663.JPG


かなり水が廻り、下地の木材が腐っている状態でした、、、、
RIMG2664.JPG


活きている木を利用し、補強していきます。
RIMG2677.JPG


立上りも補強完了~
RIMG2676.JPG


脆弱部を補強し、それ以外の平場も全て合板を増し張りしていきます。
RIMG2670.JPG


木工事完了~側溝にも十分な幅ができました◎
RIMG2687.JPG

続いて排水溝の穴あけをしてFRP防水工事のながれとなります。
穴あけ状況~側溝の幅が変わり、大分ずれましたね。
RIMG2694.JPG


モルタル補修して塗装すればOK!あとは雨樋のマスを取り付けます。
RIMG8361.JPG

つづいて防水工事です。
側溝の出隅が90°になっているので面取りをおこないます。
S__9748487.jpg


つづいて入隅の処理です。こちらは面木をとりつけ45°にします。
S__9748489.jpg


パテかいをおこない下地処理がおわればプライマー、一層、二層、トップと防水層を造っていきます。

パテかい↓
S__27140101.jpg

プライマー塗布状況~
S__27140100.jpg

FRP一層目
S__27140102.jpg

FRP二層目
S__27140103.jpg

トップコート
S__27140104.jpg


完成~
RIMG8359.JPG

RIMG8353.JPG

S__27140105.jpg

しっかり防水されましたこれで先々安心ですね!!

FRP防水、ウレタン防水、シート防水などなど

防水の事ならさいたま市緑区のN&Nへお問い合わせください。




外装リフォーム専門店 株式会社N&N
www.paint-nn.jp
フリーコール 0120-993-006

===================  
  
     外装リフォーム専門店
株式会社 N&N
   

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================








1  2  3  4  5  6
N&N さいたま市 緑区 外壁塗装