長尺シートでずっとナガモチ('ω')ノ


塗ってナガモチだいもん君.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
ベランダ床の改修について

みなさんは、雨漏りの原因について考えたことありますか?
例えばリビングや居間の天井から、もしくはサッシの上の方から、、、ポタポタと漏れてくるその原因は何だと思いますか?

以外に知られていないのですが、雨漏りの原因で一番多いのは屋根!次はなんとベランダ床なんですよ~
水平面にちかく、水はけが悪く、かつ掃き出しサッシや排水ドレンがあり、、、
実はベランダの床はとっても雨仕舞が悪いのです( ゚Д゚)

ベランダの下が部屋になっている場合はとくに要注意!

▼ベランダの下→部屋
深沢邸完了_201012_10.jpg
さて、今回はその様なケースの防水工事例をご紹介したいと思います。

まずはビフォーアフター
▼ビフォー
RIMG6737.JPG

RIMG6735.JPG

▼アフター
深沢邸完了_201012_6.jpg

深沢邸完了_201012_5.jpg

前回の塗替えのタイミングにウレタン防水で改修されており、今の所雨漏りは発生していないようです。
同じようにウレタン防水+トップコートの一般的な提案に加え少し予算を掛け、平場に長尺シートを張る提案もさせて頂き、
お客様にご検討頂いた結果、長尺シートのプランに決定しました。

長尺シート・・・防水・防滑にすぐれ、紫外線や摩耗にもとても強いのが特徴。マンションのバルコニーや共用廊下に
よく使われているあの防滑シートですね('ω')ノ

それでは施工手順をご紹介いたします!
▼切り付け(入隅)部のシールを撤去したら、全体的にウレタンプライマーを塗布し隙間をウレタンシールにて充填します。
10107.jpg

▼プライマー塗布
10108.jpg

▼ウレタンシール充填
10109.jpg

▼立ち上がりに補強クロスを貼り、立ち上がり用の硬めのウレタン防水を塗布します。
10110.jpg

▼立ち上がり用ウレタン一層
10111.jpg

▼立ち上がり用ウレタン2層
10113.jpg

▼ウレタントップコート塗布
10114.jpg

▼ウレタン防水が乾燥したら、平場に長尺シートを貼ります。
専用ボンドを櫛目をつけて塗りつけて、張り込み、転圧ローラで密着させます。
10116.jpg

10117.jpg

▼シートのつなぎ目を溶着させて、端末をシール処理します。
10119.jpg

10121.jpg

▼完成!!( `ー´)ノ
10123.jpg

どうです??なかなか高級感があっていい感じですよね~OK!

従来のウレタン防水とは違い、切れづらく摩耗性にも優れている為、歩行はもちろん、物置を置いたり
テーブル&椅子を置き外でご飯食べたりと使い方は様々♪
ずーっとナガモチ!お客様にも大変ご満足いただけましたよ~

お客様には工程写真と共にしっかりと説明致しました。('◇')ゞ
ベランダの防水といっても、ウレタン、FRP、塩ビシート、ゴムシートと種類は色々!!
FRP防水の上に長尺シートもありですよ!

以外にも雨漏りが多く、とても大事な「ベランダ!」
台風やゲリラ雷雨に備え、万全の対策をお勧め致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。('ω')ノ

塗ってナガモチだいもん君.JPG
N&N official HP
www.paint-nn.jp


フリーコール 0120-993-006

===================  
  
「塗ってナガモチ」
 株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================




木製バルコニーのメンテナンスについて


塗ってナガモチだいもん君.JPGのサムネイル画像

木製バルコニーのメンテナンスについて

新築時はとってもきれいで新鮮な木製バルコニー♪
ただ、アルミ製とは違い数年で劣化していくため、定期的に防腐剤を塗装する必要があります。

今回ご依頼のお客様はマメにメンテナンスされていましたが、大梁が酷く劣化していたため、
防腐剤の塗装と合わせて梁の交換もさせて頂きました。( `ー´)ノ

まずはビフォーアフター

RIMG6789.JPG

RIMG6788.JPG

▼アフター
中村邸_201228_0.jpg

中村邸バルコニー_210108_7.jpg

では、さっそく作業手順を紹介します('◇')ゞ
まずは大梁の入れ替えです。

IMG_3775.jpg

IMG_3773.jpg

この梁の劣化がかなり進んでいて大きな地震がきたら崩れてしまうのではないか、、、、?
っといった感じでした。
同じサイズの集成梁を搬入した状況です。

中村邸バルコニー_210108_19.jpg

既設の大梁を外した時に崩れないよう、仮の梁と柱を設置します。

中村邸バルコニー_210108_18.jpg

既設の梁を取り下ろします。重った~(3人掛かり)

中村邸バルコニー_210108_16.jpg

大梁を新設します(; ・`д・´)

中村邸バルコニー_210108_8.jpg

中村邸バルコニー_210108_13.jpg

羽子板ボルトで柱に固定します。

中村邸バルコニー_210108_11.jpg

隣の梁とも繋げます。

中村邸バルコニー_210108_12.jpg

手すりの正面からビスを打ち込みさらに固定します。
中村邸バルコニー_210108_10.jpg

続いて木製バルコニー全体を塗装します。
今回は新築時にも使用されていた、造膜型防腐剤キシラデコールコンゾランを採用しました。
中村邸_201225_1.jpg

デッキ材は半透明造膜型のシッケンズを採用しました。

中村邸_201225_3_0.jpg

塗装完了です~('◇')ゞ

中村邸2_201228_2.jpg

中村邸2_201228_8.jpg

これで大地震が来ても安心ですね。
お客様には写真と共にしっかりと説明致しました。('◇')ゞ
木製バルコニーはおしゃれで既製品にはない質感で人気ですが、メンテナンスで
苦労されているのが実情じゃないでしょうか?

N&Nではそんなお客様からのお問い合わせをお待ちしております。('ω')ノ

まずはお気軽にご相談ください。
塗ってナガモチだいもん君.JPG
N&N official HP
www.paint-nn.jp


フリーコール 0120-993-006

===================  
  
「塗ってナガモチ」
 株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================


N&N さいたま市 緑区 外壁塗装