塗替えの時、瓦は工事しなくて大丈夫なの?


瓦はきれいなので工事しなくて大丈夫ですよね?
お客様からこんなお声をよく頂きます。
正解はNo!です。
瓦自体の劣化はなくても棟につまってる漆喰が劣化している場合があるからです。
もちろん、大丈夫な場合もありますけどね。

という事でさっそく瓦工事をご紹介します。

変換 ~ CIMG3020.jpg
このお客様は陶器瓦なので、汚れは多少ありますが、瓦そのものの劣化は見られないですね。
それでは一番高い部分の棟をみてみましょう!

廣野邸 棟瓦_200623_0004.jpg
ん?きれいにみえるけど、面戸(白い鉄板)が取り付けてありますね。
続いて隅棟を見てみましょう!

棟瓦_200623_0001.jpg
ありゃりゃ。これはダイブキテマスね。表面の漆喰がはがれ、中の土がボロボロと落ちている様子。
なるほど。前回外装を工事した業者が大棟にのみ面戸を取り付けたのですね。
しかし、それでは応急処置に過ぎず面戸をとれば、土がボロボロと落ちてきます。
その上、築30年以上なので、棟瓦を銅線でくくって留めているだけの弱い固定工法になっていました。( ゚Д゚)

200623_0008.jpg
これでは大地震が来た時に棟瓦ごと落っこちてしまうことだってありえます。
現在の耐震基準である、耐震棟金具を取り付け強固にビス留めしてあげる提案をし、お客様にご理解を頂きました。
これを棟取り直し工事といいます。('ω')ノ

それでは工事開始です。
まずは既存棟瓦を取り外し、漆喰と土を解体します。

大工瓦_200714_8.jpg

続いてY字型の耐震棟金具を適切な910ピッチで取り付けます。

DSC12N2931.JPG

取り付けた耐震棟金具に垂木を固定します。

DSCN244926.JPG

垂木廻りに「強化メンド」を充填していきます。

DSCN552927.JPG
黒い土が「強化メンド」です。シリコン入り撥水材なので水に強いのが特徴です。('ω')ノ

垂木が埋まるまで詰め込み固めていきます。

DSCN2933.JPG

垂木の天端にルーフィング(防水紙)を張ります。

DSCN2934.JPG

外した棟瓦を戻し、専用ビスで垂木に固定します。

DSCN2929.JPG
瓦用のパッキン付き専用ビスです!('ω')ノ

全ての棟瓦を固定して完了です。

DSCN295536.JPG

DSCN2937.JPG

最後に泥をふき取って終了~( `ー´)ノ

邸完了_200722_3.jpg

廣野邸完了_200722_4.jpg

これで大雨や地震が来ても安心ですね。
お客様には写真と共にしっかりと説明致しました。('ω')ノ
雨仕舞処理さえきちっとすれば、瓦はずーっと持ちますよ♪

雨漏り対策は屋根から!とくに一番高い所が重要だと私は考えます。(; ・`д・´)
屋根材も多種多様あり、現況に合った工事が必要になりますのでご注意を。

まずはお気軽にご相談ください。

N&N official HP
www.paint-nn.jp


フリーコール 0120-993-006

===================  
  
外装リフォーム専門店
株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================





バルコニー床からの雨漏り( ゚Д゚)


バルコニーの下がお部屋になっているお家は必見です!
お客様より雨漏りのお問い合わせがありましたのでさっそく伺ってみました。
う~ん。特に変わった様子はないですが、バルコニー下の1階天井から雨漏りしているとの事でした。

RIMG6966.JPG

外観を確認してみましょう!

矢野目邸_200908_21.jpg
なるほど。バルコニー下にお部屋が存在するタイプの間取りですね。(要注意!)
バルコニー床にはウレタン防水が施されていて、とくに雨漏りにつながる原因はなさそう、、、、、

ん?よーくみると、そのウレタン防水の下はゴムシート防水になっていました。(これはめずらしい)
前回外壁塗装を行った業者さんがよくわからずにゴムシートの上にウレタン防水を施工してしまったようです。(-_-;)困

多くの木造戸建ではFRP防水が一般的で、ハウスメーカーなどは塩ビシート防水を採用している場合もありますが、
ゴムシート防水はめずらしい。めったにお目にかかれない代物です。

【補足】
ゴムシート防水について・・・シート自体の耐久性が強く、劣化や揺れにも強い特徴がありますが、シートものなので端部処理がとても重要になります。

っという事で、端部を覗いてみましょう~(; ・`д・´)
ありゃりゃ~立ち上がりの端部処理がされていないため、これでは雨水が入ってしまいます。原因はあきらかにここでした。

立上がりにゴムシートが張り上げてありますが、端部処理がされておらず、下地の合板が見えています。
RIMG6957.JPG
断面図で書くとこんな感じです。

現状.PNG
対処方法として、水切りの裏側にシール処理を行い、水が入り込まないような方策としました。
築20数年なので、新築当時は昨今のような集中豪雨などは想定されていなかったのでしょう。
最近は想定外の雨量や風によりこのような雨漏りのお問い合わせを頂くことが少なくありません。

水切りの裏側に、バックアップをいれこみシールを充填していきます。

白く見えるのがバックアップ材です。
S__64446470.jpg

プライマー処理をして
S__64446472.jpg

シールを打ち込みます。
S__64446473.jpg

これで集中豪雨が来ても安心ですね。
雨漏りの原因は現況や仕様、構造などにより様々です。
経験値や知見を基にどこまで想像力を働かせられるかが原因追及のポイントになります。

N&Nでは雨漏り調査も無料で行っておりますので、是非お問い合わせ頂ければと思います。

お気軽にご相談ください。

N&N official HP
www.paint-nn.jp


フリーコール 0120-993-006

===================  
  
外装リフォーム専門店
株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================






軒天の漏水について


軒天にあるシミや漏水。。
心当たりある施主さんは少なくないのでは?
nokitensimi1.jpg
こんなのや
nokitenshimi2.jpg
こんなのやら。
原因は雨どいからの漏れや外壁からの漏水など様々なのですが、
今回ご紹介するのはこちら

_201001_2.jpg
なんだか雨どいの集水器廻りに大きなひび割れが、、、、
拡大してみると

豊田邸_201001_2 - コピー.jpg
むむむむ。通常の経年劣化ではなさそうですね~

原因はなんとなーく推測できましたよ~!ピコン!
この上にあるバルコニーには排水ドレンがついていて、床にたまった大量の雨水が流れる場所です。

という事で、まずはこの上。バルコニーの排水口を見てみましょう。

IMG_2000343.jpg
なるほど。。排水口はしっかり施工されていますね。
では、軒天に戻り集水器を外してみましょう!

IMG_3320002.jpg
こりゃイカン!ですね。
バルコニー排水口から垂直に下がってる樋。これを呼び樋(よびどい)というのですが、
下がり尺が足りないですね。軒天とほぼ面一(つらいち)なので、これでは雨水が表面張力で伝って軒天裏に
まわってしまいます。
このように雨水が10年、15年と長い年月をかけてジワジワと軒天を侵食していくのです。

腐食付近を触ってみると木下地がボロボロになっていました。(ギリギリセーフ!)
さっそく補修していきます。
まず、呼び樋の尺を長くします。

豊田邸 施行中_201123_8.jpg
これなら雨水が軒裏に廻ることはないですね!OK!
豊田邸 施行中_201123_1.jpg
さらに集水器の下地を取り付け
呼び樋の廻りをシール処理すれば完璧!!

屋根補修_201201_1.jpg
あとは、集水器を取り付け全体的に塗装して完了です!!

444写真_201210_10.jpg
きれいに直りました!
これで先々安心ですね♬

前回塗装された業者さんがこの状況に気づかず単純に塗装しただけだったようで、数か月後にはすぐに
ひび割れがでてしまったそうです。そのため、ここに関してはお客様がかなり心配されていたので、弊社としては
同じ失敗を繰り返さないためにも丁寧に説明した上で修理をさせて頂きました。


N&Nではただ塗装するのではなく、このような下地の劣化にも目を配りながらご提案させて頂いております。
お気軽にご相談ください。

N&N official HP
www.paint-nn.jp


フリーコール 0120-993-006

===================  
  
外装リフォーム専門店
株式会社 N&N

Adress:〒336-0964
    さいたま市緑区東大門3-6-2-102
TEL:048-711-3792 
FAX:048-711-3793
Mobile:080-4413-1073
E-mail:info@paint-nn.jp
HP:https://www.paint-nn.jp
 
===================




N&N さいたま市 緑区 外壁塗装